母子家庭と医療費

母子家庭向けの医療費制度は入院すると月いくらもらえる?

投稿日:

こんにちは、由紀子です。
今回は母子家庭向けの医療費助成制度で、入院費は足りるのかリサーチしていきます。

母子家庭向けの医療費助成制度は入院費も対象になってる

母子家庭や父子家庭の場合は、医療費を助成してもらえる制度があります。
各自治体が個別で行っているのですが、全国的に実施されているところがほとんど。

この医療費は普通に風邪を引いたり、けがをした場合だけではなく、入院した場合も対象となります。
でも月の上限額が決まっているから、入院になったときは上限額をオーバーしやすいです。
もし急な入院で入院費がたりなくなって、もし万が一蓄えもないとなったら大変ですよね?

そこでここでは母子家庭向けの医療費助成制度では、いくらまで補償してくれるのか調べてみました。

東京都新宿区の場合は、住民税を払っている家庭だと個人では月12,000円、世帯ごとには月44,4000円まで。
住民税を払っていない家庭だと制限はありませんでした。

世帯ごとに44,4000円まで支給されるのはとても助かりますが、これは医療費のみです。
入院中の差額ベッド代や食事代などまでは支給されないケースもあります。
また、保護者が入院した場合に生活保障が一切ないので、家庭の収入がゼロになります。

保護者が入院をした場合、保険会社に請求したほうがいいの?

母子家庭向けの医療費助成では、入院中の治療費を負担してもらえます。
「これだけでも助かるから、保険会社には請求しないでいいかな?」と思ってしまうかもしれません。

でも、入院したときのために毎月保険料を払っているのですから、入院をしたら1日でも請求しましょう!
医療費助成ではもらえない生活保障のお金ももらうことができます。
入院中にかかった食事代、パジャマ代、退院後の職場へのお詫びのお菓子代などに充てることができます。

また、入院を数日しただけでもその分の収入が減ってしまうので、それを補うことができます。
終身保険でも月3,000円代で済むところもありますから、今のうちから入っておいたほうがいいですよ!
最近の民間保険は1日目から、保証が出るから1日入院でも請求しましょう。

また母子家庭の医療費助成制度を利用しているからといって、保険会社の方の保証が減るということは
ありません。保険は民間なので国や自治体の保証と無関係ですから、安心してください。
母子家庭で大変な思いをしているのですから、もらえる保証はもらっておきましょう!

またお子さんが入院した場合は入院中にバリバリ稼いで、今後のために蓄えを増やしておいてください。

子供が入院したら初めるのに向いている仕事

愛する我が子が入院をしたら、誰でも不安になると思います。
でもこれをチャンスだと思ってしっかり働いておくと、不安も解消されます。

私は子供が入院中に始めるのに向いているのは、チャットレディだと思います。
ノルマなしで時間指定なしだから、好きなタイミングで好きなだけ働くことができます。
パソコンとwebカメラ越しに男性とお話をするだけで、お金がもらえるのです。

キャバクラのように直接会わないで済むから、安心ですよ!
私はこのチャットレディで、毎月20万円稼いでいます。
子供の今度のための貯金がかなりたまって、大学にも行かせてあげられそうなのでうれしいです。

事務所に通って仕事をすることもできるところで私は働いていますが、パソコンとカメラを買って自宅で
働いてしまったほうが時間を選ばずに仕事ができていいと思います。
ノルマがないから子供が退院したら、働かないでおいて、またお金に困ったら再開するということも可能。

子供が小さいなら寝た後で働くこともできるし、ノンアダルトだからシングルマザー向きだと思います。

医療費助成制度では手術費は負担してもらえるの?

医療費助成制度は、自治体によって違う部分があります。
でも基本的には同じなので、大きな違いはないと思います。

入院をした場合に気になるのは、手術代ですよね?
自治体の医療費助成で手術代は保証されるのでしょうか。

気になったので調べてみると、「入院費・手術代、すべて無料だった」という人もいれば、「2週間の入院で
64,000円を払った」という人もいて、バラバラでした。

治療の方法などにもよるので一概には言えませんが、医療費の金額が制限されているだけなので、手術代
と入院費を合計した金額の制限が決められているだけだと思います。
市区町村に確認してみると、確実ですよ。

ただ多くの体験談に「差額ベッド代と食事代だけだった」というものがあるので、基本的には無料で入院・
手術をしてもらえると思います。この制度を知らずに自力で医療費を支払っている母子家庭もあるので、
しっかり支援制度は調べておいたほうがいいですね。

医療費助成制度は自治体によって子供は通院・入院を保証し、保護者は入院しか保証しないというところも
あります。事前に調べておくと、いざというときに慌てずに済みますよ。

ちなみに母子家庭の医療費助成制度は、子供が満18歳になった最初の3月31日までです。
これ以降は利用できないので、民間の保険に契約しておいたほうがいいですね。

月10万円以上稼ぐなら




↓私が月10万円以上稼いでいるチャットレディのバイトはこちらで登録しました。





チャットレディ体験談です。ぜひあなたも登録して子供との時間を取り戻してください。

-母子家庭と医療費

Copyright© シンママ由紀子の節約&収入アップ計画 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.