母子手当と支給額

母子手当の支給額は子供2人だといくら?

投稿日:

こんにちは、由紀子です。
2017年2月に離婚して、小学校の息子と2人で暮らしています。
今回は母子手当は子供2人分だと、いくらもらえるのか私と一緒に勉強していきましょう。

離婚後に重くのしかかるお金の問題を軽くしてくれるのは母子手当

私は2017年に離婚をしてから今まで、節約のことやお金の心配をしないで過ごした日はありません。
子どもが離婚のショックで精神的に苦しくなっていないかもとても心配ですが、現実的にお金も心配。

元夫とはDVが原因で離婚しました。
暴力はあまり振るわれなかったけど、暴言と侮辱がひどかった!

2016年の夏に命の危機を感じるくらいの暴力を受けて、「もう、離婚してやる!」と決めたのです。

その2年くらい前から離婚したいと思っていて、いざというときのために仕事を始めて貯金していました。
そのときに母子手当があることを知って、定期的にお金が入ってきてとてもホッとしたのです。

母子手当は実際にいくらもらえるの?

「母子手当は実際にいくらもらえるのか」
母子手当という制度があることを知っていても、金額までは知らない人は多いですよね?

私は元夫と別居するまで、母子手当の存在さえしりませんでした。
別居してすぐに相談した知り合いに母子手当のことを聞いて、急いで調べてみることに。

・子供一人の場合 全額支給 42,290円
・        一部支給 42,290円~9,980円
・子供2人目    全額支給 9,990円
・        一部支給 9,980円~5,000円

子供が2人いて全額支給をしてもらえる場合は、52,280円となります。
毎月、この金額がもらえるのは本当に助かりますよね。

母子手当の支給額は「物価スライド制」と言って、「消費者の物価指数が変わる野に応じて金額が変わる」
というシステムで決められています。「母子手当の金額はおおまかにわかればいい」と私は思っていたの
ですが、具体的にわかると今後の生活の見通しが具体的に立ちますよ。

また母子手当のことを調べていて意外だったのは、母子手当は毎月もらえるわけではないということ。

申請をした翌月から支給されますが、支給のタイミングは4月に12月~3月分、8月に4月~7月分、12月に8月~
11月分と、4か月分と年3回に分けてもらいます。

うちは全額支給?一部支給?

母子手当は保護者の収入によって、全額支給になるか一部支給になるかが違ってきます。
あなたの収入では、どちらの支給になるのかチェックしておく必要があります。

全額支給と一部支給の基準について調べてみると、所得が57万円までで子供が1人なら全額支給となります。
子供が2人の場合は、95万円までの所得なら全額支給、それ以上だと収入に応じて金額が下がっていきます。

所得が133万円なら子供2人で44,070円、所得が230万円なら子供2人で23,160円というように。
所得が306万円に達すると、子供2人の母子手当支給額は0円になります。

全額支給も一部支給も調べていると、支給される年によって金額が違いました。
全額支給に関しては平成26年度の41,020円~平成28年度の42,330円まで上がっていましたが、平成29年
度にそこから40円下がって42,290円に。

一部支給に関しても平成26年度の41,010円~9,680円から平成28年度の42,320円~9,990円まで上がり、
平成29年度に42,280円~9,980円に下がっています。

母子手当をもらえる条件リスト

母子手当をもらうには、条件があるので知っておきましょう。
とくに実家に帰っている場合は、手当の金額が減る傾向にあります。

母子手当をもらえる条件は主に、同居してる所得のある人がいない、あなたが子供を育てる母である、
養育費をもらっていない、母子ともに障害がない、母が学生ではない。

母子手当の場合は養育費も所得に入ってしまうので、その分支給額を減らされます。
「所得=給与所得控除後の金額+養育費の8割-保険料など8万円-そのほかの控除」
保険料は生命保険や地震保険など、一律で8万円を控除できます。

所得が少ない方が母子手当が全額支給される可能性が高くなるので、控除される金額が多いほうがいい
というのがポイントですね。

子供が2人いる場合、この計算式で出した金額が950,000円以下であれば全額、母子手当がもらえます。
950,000円以上の場合は、さらに以下のような計算式で金額を出していきます。

「手当の金額=42,280円-(所得-限度額)×0,0186705+2人目の加算額」
「2人目の加算額=(9,980円-(所得-限度額)×0,0028786」

また私が母子手当の申請をしたとき、必要な書類が多くて準備するのが大変でした。
私が用意したのは、以下の書類。

所定の認定請求書、対象児童の戸籍謄本、世帯全員の住民票、児童扶養手当用所得証明書、請求者名義の
預金通帳と年金通帳、印鑑。

母子手当を申請する理由や自治体によっては、ほかにも書類が必要です。
「用意する書類が自治体によって違うなら、支給される金額も違う?」と不安になるかもしれませんが、
母子手当は国の制度なので、全国一律で条件や金額は同じです。

また申請をする方法はあなたが健康保険や国民保険に加入している場合は、住んでいる市区町村の役所での
手続き、公務員の場合は職場の窓口での手続きになります。

母子手当は何かと面倒な手順が多いのですが、生活するのに必要なものなので勉強しておくとあとが楽です。
後は母子手当以外にも、対策を打っておくといいですよ。

私は母子家庭になった人や離婚調停中の人は、母子手当はもらっても生活保護を受けるまでにはいかないように
対策を打つことが大切だと思います。

でも私と同じように専業主婦だと、仕事を再開するのは本当に大変ですよね?
私の場合は、リサイクルショップでのバイトとノンアダルトのチャットレディで毎月20万円以上稼げています!

週3日男性とパソコン越しに会話をするだけで収入が入るし、キャバクラのように直接会わない分、触られる
心配もありません。ノンアダルトのチャットレディなら、子供に後ろめたさも感じないので、母子家庭で
大変な思いをしている女性に向いていると個人的に思います。

月10万円以上稼ぐなら




↓私が月10万円以上稼いでいるチャットレディのバイトはこちらで登録しました。





チャットレディ体験談です。ぜひあなたも登録して子供との時間を取り戻してください。

-母子手当と支給額

Copyright© シンママ由紀子の節約&収入アップ計画 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.